プロフェッショナルの転職−外資系、経理−

転職でキャリアアップ!注目サイト一覧

    外資系キャビンアテンダントになるには

    私は社会人留学をして以来外資系の航空会社に入社したいと考えていました。初めて飛行機に乗ったのが外資系で、その時のクルーに日本人の女性が一人だけ乗務していました。すべてが外人クルーという中で、颯爽と仕事をこなしている彼女の姿がとてもかっこよく、日本人としてとても誇り高く感じました。キャビンアテンダントなんて華やかな仕事に夢を抱いたことはありませんでしたが、この時はそんなこと何も考えず、ただあんな日本人になりたいと強く思ったことを今も覚えています。しかし、もうすでに日本の航空会社の事務スタッフとして働いていた私はキャビンアテンダントについて全く調べたことがありませんでした。
    転職を決意し調べはじめると、どのキャビンアテンダントになるにしても、客室乗務員になるための専門学校や、客室乗務員になるためのコースを持っている語学専門学校ないし観光専門学校に通ったほうが良いらしいということだったのですが、私にはもう時間がなく、とりあえず誰もが知ってる英会話スクールのキャビンアテンダントのコースに入ることにしました。内容はそれらしいことをしましたが、今思えばそこそこの英語力とその航空会社のカラーに合っていれば合格も夢ではないということが、合格してはじめてわかりました。

    転職を検討しよう!おすすめリンク一覧

    Copyright (C)2018プロフェッショナルの転職−外資系、経理−.All rights reserved.